忍者ブログ
本業のあるサラリーマンでも元気にアルバイトをして頑張っています。
[1] [2] [3]

◆バイト面接での注意事項
業種にもよると思いますが、浮ついている人、落ち着きのない人や暗い感じの人、会話がまるで取れない人などは、採用されることが少ないと思われます。
また、見た目がよくても話し方や内容がとんちんかんな人であれば第一印象が良かったとしても採用には至らないと思います。

面接の受け答えの印象もバイト面接では大切です。
履歴書もバイト面接では結構大切な要素です。
基本的にバイトの面接で履歴書をきっちり書いてくる人は少ないのが現状ですから、面接時にも好印象をあたえられると思います。
履歴書を丁寧に字を上下揃えて書くだけでだいぶ印象がよくなりことと思います。

普通に社会生活を営めている人であれば、まずバイト面接で落ちることはないことと思いますが、バイト面接で連敗続きだという方は、バイト面接のポイントに明らかな欠点があることが考えられますので、ここに書いたようなことを考え直してみましょう。

PR
バイト、単なるアルバイトだからといって面接を軽く考えてはいけません
バイト面接のポイントで大切なのは見た目です。見た目と言っても笑顔と明るさでしょう。笑顔や明るさなどは、本人が思っている以上に面接のコツとして重要ポイントであると思います。

経歴・職歴が同じなら、緊張しすぎてない人の方、つまり笑顔で明るい印象の人の方が確実にバイト面接では好印象だということです。

企業が社員を選考する面接とは違い、バイト面接の場合、採用の基準はかなり甘いので面接者が男性であれば、見た目がかわいい女子はほぼ採用される傾向があります。
また女性の面接者であれば、面接をしていて相当印象が悪いと落ちる可能性が高くなることもありうるでしょう。だいたい第一印象でバイト面接は決まっているといって良いと思います。

バイトとパートの違いは、法的にはどちらもパートタイム労働法で短時間の労働者にあたり、賃金と労働時間以外は、正社員と同じ待遇が義務付けられています。
パートタイム労働法によると、正規の従業員より1週間の労働時間が短い労働者を、パートタイム労働者と呼びます。
バイトとパートの違いについては述べられていないので、どちらもパートタイム労働者として、正社員と同じように、有給休暇、保険、育児休暇などの待遇が受けられることになっています。


 

アパレルのアルバイト求人は、近年ますます増加しています。一般の求人誌でもアパレル関係のアルバイト求人情報を手に入れることができますが、アパレル業界の求人情報の専門誌も発行されており、その求人情報の量の多さと、その求人情報を求める人の多さが簡単に想像できますね。

アパレル業界のアルバイト求人は膨大な量にのぼり、そしてその情報は日々変化することから、インターネットのサイトの中にもアパレル業界のアルバイト求人情報を専門に扱ったサイトが多数見られます。そのため、アパレル情報の求人情報を求めている人は情報を比較的容易に手にすることができます。

◆在宅ワークのアルバイト・副業

社会全体が不景気で正社員の数が極めて少なくなっている現在の日本では、在宅ワークへのあこがれは大変なものがあります。さらに自分らしく生きたいとか、自由な生き方をしたいとかで在宅仕事を選ぶ人もいます。ただ総じていえるのは、そのほとんどが低賃金です。なぜならそういった生き方を許容してくれるようなビジネス社会ではないからです。低賃金は当たり前です。なぜなら低賃金の外国人との競争となるからです。ではどうしたらいいのでしょう?それは売れる技術、腕に技術を持つ以外にはないでしょう。

在宅ワークの中でも文字を扱う仕事で一番人気なのはデータ入力の仕事です。これは人気が高いだけに競争も激しく、さらに単価も安いです。反対に入力した文章の校正といった仕事もあります。これは正しい漢字や言葉使い、言い回し、校正記号などある程度専門的な知識が要求されますが、その知識があれば十分です。校正の仕事は通信教育などでも学べますので、トライする価値はあると思います。これ以外では翻訳の仕事もあります。これなどは外国語の正確で正しい知識があればできるので、腕に覚えがある人は有利でしょう。
在宅作業を探していると、「簡単な内職、だれでも出来ます」「すぐに内職が見つかり高収入を得られる」「初心者でも高収入が期待できます」などといった宣伝を見かけます。これらは典型的な詐欺の宣伝文句です。この情報は私だけが知っているのではなく、不特定多数に宣伝しているわけですから、「簡単」で「誰にでも」できる「高収入」な仕事などないのは一目瞭然です。一度そこへ問い合わせをしたら最後、相手はプロですから簡単に騙されます。気をつけましょう。
在宅仕事で仕事する場合、どうしたら気に入った仕事が探せるのでしょう?まだ子供が小さく、外へ出るのもままならない主婦には難題ですね。ネットで探せばアフィリエイトとかは沢山見つかりますが、調子のいいことばかり書かれていて実際はどうなのかが分かりませんね。やはり確実に現金収入になるものが欲しいですね。一番人気のあるのがテープ起こしです。これは座談会などの録音テープを文字にするものですが、一度この世界で実績を積めば実力を認められ、仕事は継続的にあるようです。しかし、そこまでいくには中々大変らしいですが、下手なデータ入力の紹介専門の業者に騙されるよりはいいと思います。

氷河期のアルバイト・パートのフリーターは断られることに慣れてるから、もうやる気無い。昔はどんな人間でも雇ってもらえたんだけど、今は正社員に成れないから...。こういう現代のアルバイト・パートのフリーターは非常に多いのです。やる気と才能がある人、アルバイトでもパートでも、年齢に関係なくいつでも社会に戻れる仕組みが必要ですよね。

来春の新卒採用数は5年連続増加で過去最多、求人倍率もバブル時代並みとなる見通しだが、その一方でアルバイト、パートなどのフリーターから正社員になった人の割合は5年前に比べて大幅に減っているのが現実だ。
リクルートワークス研究所が4月24日に発表した調査データによると、2008年春に卒業予定の大学・大学院生を対象とする全国の民間企業の求人総数は、バブル期を上回って過去最高の93.3万人と、前年よりも13%増の10.8万人増加した。また、就職希望の学生1人当たりの求人数を示す求人倍率は2.14倍と、前年の1.89倍から大幅に増えて92年以来16年ぶりの売り手市場となった。

一方、企業の中途採用担当者は、就職氷河期と言われた2000年、2001年当時に期せずしてアルバイト、パートとなり、なかなか正社員になれない若者の切実な声を聞いている。こうした若者は、少しでも正社員登用の道がありそうなアルバイト職種に殺到しているという。
週刊スパ5月1日号は、独立行政法人の労働政策研究・研修機構が2001年と2006年に実施した「若者のワークスタイル調査」のデータを取り上げている。男性の場合、パート、アルバイトなどのフリーターから正社員になった率は、2001年の75%から2006年には58.7%に減少している。また、正社員になろうとするアルバイト、パートの人の割合も74%(2001年)から50.5%(2006年)に減っている。

つまり、アルバイト、パートから正社員になろうとしてもなれない人の割合が増え、正社員になろうとする人の割合も減っているのだ。こうしてアルバイト、パート生活を続ける人が増えている。一度も正社員の経験がないアルバイト、パートなどの「非典型就業」のみの経験者が2001年の18.5%から、2006年には33.4%に急増しているのだ。同機構の堀有喜衣研究員は、「この5年間で、日本社会はますます“やり直しの聞かない社会”になってしまいました」と同誌に語っている。
新卒からアルバイト、パートなどで終身雇用のレールを一度脱線するとやり直しのきかない社会は、格差を硬直化させ不安を増幅する。少子化で労働力不足が叫ばれている今こそ、やる気と才能がある人が年齢に関係なくいつでも社会に戻れる仕組みが必要だ。(出典:日刊アメーバニュースより)

アルバイトをしようと思ったのに会社側にできないと言われた経験がある方も少なくないと思います。
労働基準法には、会社に勤務する労働者に対するアルバイトや副業に関する記述はありませんし、現在では労働時間外の時間の使い方に制限をかけることは「就業の自由」に反するという考え方が強いようです。

つまり、会社に就職したとしても、例えその会社の就業規制に書かれていてもアルバイトや副業をすることは自由ということになります。

上海でも日本と同様、大型連休などのための短期アルバイト確保は大切なようですね。
今後の中国のアルバイト市場は莫大になることでしょう。

連休中の短期アルバイト、上海市では最低時給6.5元。
上海市の公共招聘網では、市民に対して短期アルバイトをする場合でも、最低賃金について十分に認識するように注意を呼び掛けている。こ
の時期、飲食業やサービス業を中心に人材不足が続くため、各企業でも短期アルバイトを雇って急場をしのぐ場合が多い。
上海市の規定では、時給は最低で6.5元と定められており、さらに職種によっての指導時給も上海市労働保障服務網で定められている。
特に、短期アルバイトの場合は労働協議書にサインしないことが多いため、トラブルが容易に発生する。(出典:エクスプロア中国


忍者ブログ [PR]